個別指導ならみっちり医学部のノウハウを学べる

生徒

目的を忘れないために

よほどのカリキュラムのしっかりとした学校以外は、個別に細かな学習指導を期待することは難しいのが現状です。そのため、大学入試に成功するためには、春から夏にかけて、早い時期に、塾、家庭教師を利用して苦手を克服し、基礎的な力を確立しておくことが重要です。

国家試験対策が魅力

勉強道具

人間総合科学大学では各学部での国家試験対策に力を入れています。入学当初から国家試験合格に向けたプログラムが組まれたり、グループワークが積極的に行われたりと前向きに学業に取り組める仕組みや風土が形成されています。

進路を考える

勉学

進学先として専門学校を選ぶ際には、複数の学校から入学案内資料を取り寄せて比較検討することが大切です。専門学校の入学案内資料では、学費や特色について一覧にてわかりやすく記載されているので比較検討しやすいです。

大学受験に向けた準備

勉強

自分に適した受験勉強

国立難関大学や医学部などに進学するためには、子供の頃から勉強する習慣をつけることが重要であると言われています。そのために、子供を塾や予備校に通わせる方が多く見受けられます。しかし、その際、通わせる塾・予備校について情報収集をせず、とりあえず知り合いが通っている塾や進学率の高い予備校などを選択してしまう方が多いのではないでしょうか。せっかく子供を塾・予備校に通わせたとしても、そこが子供に適した学習環境でなければ、その効果は半減してします。つまり、子供の学力を向上させるためには、子供の力を100%発揮できる環境を整えることが大切です。そういった意味で、最も良い指導方法は「個別指導」であると考えられます。特に、国立難関大学や医学部に進学するためには、すべての科目について、くまなく勉強する必要があり、限られた時間の中で効率良く勉強していく必要があります。そのためには、得意分野や苦手分野、勉強の進行状況などを客観的に把握し、学習スケジュールを綿密に練ることが大切です。個別指導では、そういった部分を指導者が担い、生徒は勉強に集中することができるため、円滑に学習を進めることができます。また、成績が伸び悩んだ時の打開策や学習方法の見直しなどは、指導経験が豊富である指導者と相談することで、解決することができます。医学部を受験する際には、受験する大学の傾向に合わせた勉強も必要になることがあり、個別指導であれば、そういった問題にも、指導者と二人三脚で取り組むことができます。以上のように、個別指導は非常に有益であり、国立難関大学や医学部を視野に入れている方はぜひご検討ください。