個別指導ならみっちり医学部のノウハウを学べる

先生と生徒

目的を忘れないために

女子学生

スムーズにクリア

大学入試に臨むにあたっては、志望大学を決め、それをクリアするための学習能力を付ける必要があります。この能力の付け方については、さまざまな方法があり、しっかりとしたカリキュラムを組んだ実績ある難関中高一貫校などであれば、学校の指導に従っているだけで、それなりの結果を残すことができます。しかし、大方の学校では、生徒一人ひとりへの細かな指導は行えないことが通常であり、何らかの対策を考えておく必要があります。大学入試を成功させる上では、まずは基礎的な能力をしっかりと確立しておく必要があります。特に、途中で理解が十分でない箇所があると、積み重ねが重要である英語、数学などといった科目は、充分な学習効果が望めなくなります。そのため、基本的な内容が定着しているかを確認するためには、個別指導の塾や家庭教師といったものを利用して、補足していくことが効果的なのです。特に、大学入試のある年度の、夏休み前までにしっかりと基礎力を付けておくと、夏場以降の学習による成績の伸びに大きく影響してきます。そのためには、春の年度替わりを目安に、大学入試へ向けた基礎的な学習に取り組み始める必要があるのです。夏から本格的に入試対策を始めようと考えるのではなく、春に理解できていないところを明確にし、夏までに苦手を克服することに注力し、夏以降に成績を飛躍的に伸ばすことが受験成功のポイントなのです。そのため、塾や家庭教師を探すことは、年が変わり始める頃には着手しておくことが効果的です。